堺武弥 先生

堺先生神奈川県横浜市出身。ドイツ国立ベルリン芸術大学にて研鑽を積む。

2001年2月に指揮デビュー。 国内外のオーケストラを指揮し、日本では東京吹奏楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、アンサンブル・ムジーク弦楽合奏団等で指揮をする。

アマチュアオーケストラ、吹奏楽団、マンドリンオーケストラの指揮でも活躍しており、これまでに掛川市民オーケストラ、市川交響楽団、鹿児島交響楽団、福井交響楽団、ムジカ・パストラーレ、幕張フィルハーモニー管弦楽団、千葉ニュータウンフィルハーモニー・オーケストラ、名古屋芸術大学オーケストラ、中部大学管弦楽団、浜松医科大学管弦楽団、いずみ吹奏楽団、ヤマハ浜松吹奏楽団、ナゴヤディレクターズバンド、ヤマハ横浜吹奏楽団、岐阜聖徳学園大学ウィンドアンサンブル、会津シンフォニック・アンサンブル、クラノワ・カルーク・オーケストラ、ムジカウィンドオーケストラ、吹奏楽団「幻」、(8)strings等、数多くの団体で指揮を振っている。

そのほか、全国で展開されている、自由参加型吹奏楽イベント『自由演奏会』での音楽指導や、吹奏楽コンクール審査員をはじめ、ヤマハ浜松吹奏楽団とのCD録音、同楽団のアメリカのシカゴで開催されたミッドウエストバンドクリニックへの出演への指揮などの他に、名古屋芸術大学での指揮法、オーケストラ、室内楽の講師も務めた。
オペラ指揮者としても三木 稔作曲:オペラ《きみを呼ぶ声》の初演指揮を務めるなど国内外で活躍している。

音楽教育プログラムへの活動も行い、オランダでは、幼稚園、小学校、中学校のワークショップにも指揮者として参加、「幼稚園児のためのリズム講座」「小学生と中学生の為のオーケストラ講座」に出演、日本では小学校、中学校の音楽教室での指揮、子供から大人の合奏体験「百音の会」でも指揮、指導をおこなっている。
ふじの国こども芸術大学「手作り打楽器でサンバのリズムを演奏しよう!」で講師を務める。
知育楽器「おとでおはなし?」シリーズの監修もおこなっている。

指揮法講座も世界各地で行っており、ドイツではボン・ハンブルク、ハンガリーではセゲド、日本では北は北海道から南は沖縄で精力的に指導をしている。

現在、指揮棒メーカーPICKBOYの技術顧問、代官山音楽院講師、アンサンブル・ムジーク弦楽合奏団音楽監督、掛川市民オーケストラ音楽監督、(8)strings音楽監督、岐阜聖徳学園大学ウィンドアンサンブル常任指揮者。

≪指揮者 堺 武弥のホームページ≫

山口俊一 先生

山口先生神奈川県横浜市出身。高等学校よりサクソフォーンを始める。指揮を堺武弥、阪哲朗、エンニオ・ニコトラの各氏に師事。
 これまでに、いずみ吹奏楽団、ヤマハ横浜吹奏楽団、ムジカ・パストラーレ、幕張フィルハーモニー管弦楽団、神奈川県立旭高等学校吹奏学部等を指導、指揮。





伊藤寛隆 先生

伊藤先生日本フィルハーモニー交響楽団首席クラリネット奏者。
神奈川県鎌倉市出身。神奈川県茅ヶ崎高校を経て、1990年洗足学園音楽大学を優秀賞を受け卒業。
東京文化会館推薦新進音楽家デビューコンサート、NHK-FMリサイタル他に出演。1993年日本木管コンクールクラリネット部門において第3位ならびに朝日新聞社賞、1996年に日本クラリネットコンクール第2位(1位なし)など。
 クラノワ発足当時より指導をお願いしており、定期演奏会においては指揮者としてのほか、第2回、第4回ではソリストとしてお迎え共演している。

新倉知 先生

新倉先生洗足大学付属高等学校音楽科卒業。新体操などの伴奏音楽の制作などを経て現在、ゲーム・アーケード音楽・舞台音楽などシンセサイザーやコンピューターを使用した音楽の製作から、アンサンブル・管弦楽などの作曲、編曲などで活躍中。
 当団では第3回定期演奏会より編曲を依頼。現在では40分を超える大曲を含め、多くの曲がクラノワの財産となり、情熱的なリズムと心にしみるメロディーラインは当団員に絶大なる好感を得ている。

真島俊夫 先生

真島先生作曲家・編曲家。アトリエエム代表。

和声法と作・編曲法を兼田敏氏(故)に師事。

吹奏楽のための代表作品には1985年度全日本吹奏楽コンクール課題曲となった交響詩『波の見える風景』、同1991年『コーラル・ブルー』、同1997 年『五月の風』、『ミラージュI』、『三日月に架かるヤコブのはしご』、『虹は碧き山々へ』、『巴里の幻影』、『北の人々』などがある。また1999年の『ミラージュII』は同年7月にパリのギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団により初演された。

近作としては、2001年に東京佼成ウインド・オーケストラの委嘱で書かれた『三つのジャポニスム』、2003年の『ミラージュIII』、そして 2006年の『鳳凰が舞う(LA DANSE DU PHENIX)』がある。これらのオリジナルやジャズ・アンサンブルの為の作品は日本、アメリカ、オランダで出版されている。また最近はTVドラマの音楽も手掛ける。

1997年、日本吹奏楽学会アカデミー賞を受賞(作曲部門)。

2006年、『鳳凰が舞う(LA DANSE DU PHENIX)』でフランスの国際作曲コンクール「COUPS DE VENTS : CONCOURS INTERNATIONAL DE COMPOSITION POUR ORCHESTRE D’HARMONIE」においてグランプリを受賞。

≪真島俊夫 公式ウェブサイト≫

深江彰 先生

深江先生1964年、京都生まれ。

チビだが情熱があり、温和に見えるが、意外と頑固で、頑固なくせに臆病である。極度に心配性で、横断歩道は「右・左・右」以上見て渡る。
大学時代その人望の厚さから?“お父ちゃん”というニックネームをいただいた割には遅咲きで、長ーい独り暮らしを経て、ようやく現実になり、イクメン目指して奮闘中。

国立音楽院講師。SPICY4メンバー。くらりねっとおーけすとら“びっくり箱”指揮者。